Cカードとはなにか?

海へ潜れダイビング!「ダイビングの魅力」

Cカードとはなにか?

先ほどから話しに出しているCカード(C-card)という物をご存じない人も居るかもしれませんが、これはダイビング指導団体が、直接、またはフランチャイズを通じて実施する技能講習を終了した者に対し発行する技能認定(Certification)カードのことを言います。特にダイビング指導団体は、ほとんどの場合に民間の営利企業がこれを行っており、つまりは少なくとも日本ではは免許証と違いCカードを所持しないでスクーバ・ダイビングを行うことが法的に禁止されているといったような類のものではありません。

しかし、実際に適当な知識・技量を有さない者がスクーバダイビングを行ったケースで、致死傷事故が発生する確率が非常に高い事は容易に推定できるということから、これらの者にサービスを提供してスクーバダイビングが行われ結果事故が発生したりでもしたら、事故を予見できたのに適当な対応(サービスの提供拒否等)を取らなかったという扱いになり、刑法の業務上過失致死罪などといった刑事責任などを問われる可能性が高くなってしまいます。

そうしたことから、基本的に免許が不要でも、機材をレンタルする為にはこのCカードを習得しておく必要があるというわけです。実際にレジャーダイバーにサービスを提供する者はその大半がCカードの提示を求めていて、これを所持せずにダイビングを行う事は事実上困難と言ってよく、その意味では許可証的な性質を有するものになっているという訳です。

またさらには海外だとこのCカードを所持しない者のスクーバダイビングを法的に禁止していたり、またCカードを所持していない人物に対してスクーバ・ダイビング器材の販売や貸与を禁止している国もあります。